エンディングノートナビゲーター@名古屋1期 開催しました

エンディングノートの専門家として活動する「エンディングノートナビゲーター」が、名古屋で誕生しました。

エンディングノートナビゲーターとは、終活に関する様々な知識を持ち、書き手の「夢」や「終活に関する問題」を専門家の立場から整理し、問題解決に向けて次の手段を提案・紹介していきます。

エンディングノート普及協会が開催している「エンディングノートナビゲーター養成講座」は、2014年3月より始まり、現在までに全6回を終了しました。

今回は、FPさん、宅建士さん、行政書士さんが参加。

現在のお仕事にプラスαし、地域で共に情報交換しながら、名古屋地域のエンディングノートや終活に悩む人たちの問題解決を行っていただきます。

IMG_5619今回は、初の「宅建士」の資格を持つ方が参加されました。

「介護が必要になった場合のリフォーム」「家を売って施設に入りたい」などの相談が多く、終活の知識を持つ必要性を強く感じたそうです。

今回参加のFPさんは、老後のための資金をどうするのか?を多角的に考えて「不動産投資」にも取り組まれているとか。

実際に、日本終活サポート協会にも「親の土地を活用できないか?」「売るのではなく活用方法を知りたい」などの相談が入っています。

エンディングノートナビゲーターは、葬儀やお墓の問題、相続のことだけでなく、相談者の方のそれぞれの悩みに寄り添い、解決へと導きます。

その過程で、エンディングノートの書き方を伝え。一緒にエンディングノートを書きながら、専門家の目線でその方の問題を明確にしていきます。

相談者の方も気付かない問題も、専門家目線で寄り添うことで、気付くことがあります。

次回のエンディングノートナビゲーター養成講座は埼玉開催です。

埼玉開催の詳細はこちらから
エンディングノートナビゲーター養成講座@埼玉1期

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ