相続・遺言に強い終活資格

 

エンディングノートナビゲーター養成講座@京都1期

 

 緊急開催!京都1期 残席3名様!

 エンディングノートを活用すると仕事の幅が広がります

banner_big_22

   

お客様に「あなたにお願いしたい」と選んでいただいていますか?

資格を取得した後の集客の方法、しっかりと改善できていますか?

 これまでに終活活連資格を取得したのに活用できていないと悩んでいませんか?

 

終活・エンディングノートの書き方講座を開催できるようになりたい!
次のような悩みをもっておられる士業さん・FPさん、
葬祭関係者・介護職のみなさんに選ばれている終活資格

 

 

養成講座受講生の声

1540_32 参加して良かったです。私ができること、やるべきことが見えてきました。(行政書士 女性)

 1540_32  普段、死後の事を真剣に考えた事がなかったので、残された家族がどの様な事で困るかを
   考える良い機会になりました。
   また葬儀にも色々あり、自分だったらどの様な葬儀が良いか、お客様だったらどの様な葬儀を

   望むのかを考えるきっかけにもなりました。
   この気づきを仕事にも生かし、お客さまに貢献し続けていきたいと思います。(FP 男性)

1540_32 空前の終活ブームで遺言や相続への関心は高まっていますが、まだまだ「自分には関係
   ない」「自分にはまだ早い」と、実際に着手する方は少ないように感じています。
   堅苦しく考えすぎずに、まずは思ったことを書いてみることで、大切なご家族や周りの
   方のために、またご本人のために、何が問題で、どうしていく必要があるのか、
   ご本人が認識し、一緒に考えながらお手伝いをしていければと考えています。
   また、生前に情報やご本人の考えを具体的にまとめておいていただくことで、相続手続きを

        スムースに進めることができます。(行政書士 女性)

1540_32 同期の士業の方や、保険関係、FP関係の方とお話をしながら、自分がどこを重点的にやっていきたいのかということも明確になりました。(税理士 女性)

1540_32 固定概念に縛られている自分の感覚が時代にあっていないことを発見!エンディングノートは死を見つめる物ではなく最後まで自分らしく生きる為のツールだと解りました!(FP 男性)

 

資格を活かしきれていないと悩んでいる
士業の方、保険業・FPの方へ

 

1540_32 相続や終活に関する資格を取得したが活用できていない 

1540_32 相続・後見の仕事を増やしていきたい

1540_32 遺言書の作成業務を増やしたい

1540_32 相談窓口を開設しているが問い合せがない

1540_32 他の士業・保険代理店・FPと差別化をはかりたい

1540_32 顧客からの紹介が欲しい

1540_32 お客さんに会いに行きたいが会うネタがない

 

エンディングノートナビゲーターとは?

 

協会認定のエンディングノートナビゲーターは、

エンディングノートや終活に関する様々な知識を持ち

 エンディングノートの書き方講座の講師としても活躍していただきます。

ナビゲーターは、書き手へのヒアリングやエンディングノートを書く中で見えてくる、

書き手の「夢」や「終活に関する問題」を専門家の立場から整理し、ノート表紙

問題解決に向けて次の手段を提案・紹介していきます。

また、ナビゲーターは、書き手が最期まで自分らしく生きることができるよう、

また大切な人に想いを伝えることができるよう、ナビゲート(道案内)していく人です。

お客様が何に悩み、どこで困っているのか?

お客様にとって、何をエンディングノートに書いておけば困らないのか?

お客様の悩みに寄り添い、問題を一緒に解決していくことで信頼関係を築き

エンディングノートの書き方をお伝えすることで、ご自身の専門分野に加え

ナビゲーターとしての知識を活かし切り口を変えて相談を受けることができます。

 

エンディングノートナビゲーターのメリット

 

・エンディングノートや終活に関する知識を持つことでご自身の仕事をより活かすことができます。

・「エンディングノート入門編(60分)」「エンディングノートの書き方(90分)」の講座を開催できます。

・認定ナビゲーターには、入門講座を開催する際に必要な「講座開催キット」を協会より提供します。

・認定ナビゲーターとしての活動期間内(1年更新)は、名刺やHP・ブログの肩書きに「エンディングノート普及協会 認定エンディングノートナビゲーター」と明記することができます。
※エンディングノートナビゲーターは商標登録申請中です

・認定ナビゲーターとしての活動期間内(1年更新)は、活動中にわからないことや自分だけで解決ができない問題があった場合に、エンディングノート普及協会・日本終活サポート協会からのサポートを受けることができます。

・協会規定のナビゲーターとしての活動をクリアすると上級ナビゲーターの養成講座を受講するなどランクアップすることができます。

・協会が開催する終活に関する勉強会や専門分野の交流会などに参加することができます。

・認定ナビゲーター同士の情報交換や協会への質問などができるSNSのグループに入ることができます。

・ビジネスにつながるエンディングノートの活用法が手に入ります

・遺言作成案件の提案につなげやすくなります

・エンディングノートを作成すると遺言書契約についての業務効率化ができます

・エンディングノートがあれば遺言作成・後見・生前契約・死後事務処理など複数の案件も一度に成約できます

・お客さまに会いにいくきっかけができるだけでなく、お客様に喜ばれます

・売り込まなくても売れる保険のセールスができるようになります

・エンディングノートの書き方講座を開催すると、参加したお客様に保険の見直しを真剣に考えていただくことができます

・見込客を集めることができます

・事業承継の仕事も成約できます

 

エンディングノートナビゲーター

養成講座が選ばれる理由

 

・お客様の求めていることにしっかりと答えることができる!

→お客様が求めていること。それはみなさんが思っているよりももっと入り口の問題です。

 相続や遺言書の作成よりも、もっと入り口で悩んでいるのです。

 エンディングノートの選び方、書き方などをお伝えすることでお答えできることが信頼につながります。

 

・集客に必須のHP・ブログ・SNS活用について学ぶことができる!

→ブログやHPは必須ですよと言われ、お金をかけて作ってみた。ブログから集客できると言われ、記事も頻繁にアップしている。なのにあまり集客に結びついていない… 
それには理由があるのです。

ブログやHP、SNSを活用した集客の改善専門の終活コンサルタントが、なぜ集客できないのか?どのように改善すれば良いのか?をお伝えします。
※2日目の講座に入っています。

・エンディングノートの書き方講座で相続に関する問題の発見や

保険の見直しのアドバイスができるので、仕事につながります。

→「エンディングノートの書き方講座」では、アドバイスしながら一緒に書き、専門家として寄り添うので、

 そのお客様の問題点が明確になります。

《相続関連》

エンディングノートの書き方講座では、相続に関する項目で具体的にどのようなことが

問題になるのか、どのようなことで残された人が困るのかなどをお客様に説明しながら進め

ます。また、エンディングノートと遺言書の違いについてもしっかりと説明します。ですか

ら、遺言書の必要性もしっかりと感じる事ができ「遺言書を作成しよう」と考えるようにな

ります。

《保険関連》

保険の受取人を指定する事の意味や介護にかかる費用や葬儀の代金、遺品整理にかかる費用などを保険金で支払うことができるなど、保険金の活用について具体的に説明していくので、ご自身の保険について真剣に考えるようになり、見直すきっかけになります

yajirusi_gra1_green

遺言書の作成や保険の見直しで大切なのはお客様からのヒアリング。

しかし無料相談会を開催してもお客様との信頼関係を築いてお客様との距離が近づくまでは、

お客様の状況を全て正しく聞き出すことは難しいと感じませんか?

yajirusi_gra1_green エンディングノートの書き方講座では、

書き方や質問の内容を説明しながら参加者の方と一緒にエンディングノートに書き込みます。

お客様が書いているのはご自身のノートですし、

ノートを完成させようと思って参加されるので、積極的に記入します。

ですから、状況を一緒に確認することができるだけでなく、必要な項目を書いて頂くこと

も可能になり、業務効率化をはかることができます。

yajirusi_gra1_green

お客様の全体を把握することができるので、複数の問題を見つけることができたり、

1人のお客様から一度に複数の案件をお預かりすることも可能になります。

yajirusi_gra1_green 書き方講座のご案内やエンディングノ一トや終活を仕事に取り入れることで、

一度保険の契約が成立したお客様と会う回数が増えるだけでなく、

お客様からの相談の幅が広がりますので、

売り込まなくても相談を受けたり契約に結びつきやすくなります。  

yajirusi_gra1_red

「あなたにお願いして良かった」とお客様から選ばれる、

ワンランク上のお仕事ができるようになるのです。

 

養成講座受講後の実績

1540_32 養成講座受講後3ヶ月以内にエンディングノートの書き方講座入門編を開催。

   参加者より保険の新規契約を受注。

1540_32 養成講座受講後半年で、地域のエンディングノート講座の講師を受注。

1540_32 養成講座受講後3ヶ月で、コラボセミナー講師を受注。

1540_32 養成講座受講後1ヶ月で    10015090_625636364172868_1242188578_n

   エンディングノートナビゲーターとしてのブログを開設

1540_32 養成講座受講後1ヶ月で同業者にエンディングノート

   導入のメリット等を伝えるセミナーを定期開催

1540_32 養成講座受講後、ご自身の専門分野を含めた

   講座の講師の依頼を受ける

 

エンディングノートナビゲーター@京都1期

 

この度エンディングノート普及協会ではエンディングノートナビゲーター京都1期生の募集を行うことになりました。

これまで広島・神戸・東京・福山・大阪で養成講座を開催。26人の認定ナビゲーターが誕生し、それぞれのお仕事に取り入れながら活動しておられます。

また、日本終活サポート協会登録ナビゲーターの皆さんは、各専門分野と組み合わせた新しいエンディングノートの開発にも関わっていただいております。

京都の1期生の募集は限定6名  

ぜひ養成講座を受講し、日本終活サポート協会の認定ナビゲーターの仲間入りをしてください!

 

 「エンディングノートナビゲーター養成講座」概要

 ●カリキュラム全2日間(約12時間)  

・エンディングノート普及協会の役割

  ・エンディングノートナビゲーターの役割

  ・エンディングノートの位置づけ

  ・現代の終活事情(介護・葬儀・お墓他)

  ・終活サポートとは?

  ・エンディングノートと遺言書の違い

  ・家系図から何を考えるか?(エンディングノートナビゲーターとしての見方)

  ・延命治療・尊厳死・ドナーカードの考え方と伝え方

  ・エンディングノート入門編の進め方

  ・エンディングノートの書き方講座の進め方

  ・延命治療・尊厳死に関するディスカッション

  ・集客のためのHP・ブログ・SNS活用方法について→SNSを活用した集客について

  ・ご自身の仕事に活かすためのディスカッション

《担当講師》

赤川 なおみ (養成講座全般)akagawa

 エンディングノート普及協会代表理事 エンディングノートナビゲーター

 エンディングノート書き方講師 日本終活サポート協会理事

本家の一人っ子で本家の長男の嫁として、延命治療をしない看取り、する看取りの2度の看取りと現在も続く介護を通して、利用者・家族の立場から終活やエンディングノートの活用を考えようと2013年1月にエンディングノート普及協会を設立。2014年にはエンディングノートを作成した際に気付く問題のサポートを行うため、日本終活サポート協会を設立。

半年間で300人以上にエンディングノートの書き方や活用法を伝え、各地で講座・講演を行っている。

延命治療、介護、終末期の家族のサポートなどを得意とする。

 

江星 優哉 (終活・SNS活用担当)写真 (1)

 日本終活サポート協会代表理事 終活コンサルタント

 エンディングノートナビゲーター エンディングノート普及協会理事

2012年大好きだった祖父と父を続けて看取る。数年にわたる2人の介護・看病・葬儀を通して「大切な人に想いを伝える大切さ」に気付き2013年1月にエンディングノート普及協会を設立。2014年にはエンディングノートを作成した際に気付く問題のサポートを行うため、日本終活サポート協会を設立。

「自分たちから両親や祖父母に問いかける」「何歳であっても大切な人に想いを伝えることが必要である」と、若い世代へのエンディングノートを普及するため、講演活動や自主セミナーなどを開催している。

 

banner_big_22

 

エンディングノート普及協会協会理念

・自分らしく生きる

・幸せに生きる

・夢に向かって生きる

これがエンディングノート普及協会の理念です。

 

エンディングノートは自分の老い支度のためだけに書くものでしょうか?

エンディングノートが気になっている人は、何に悩んでいるのでしょうか? 

エンディングノートを書く事ができれば、悩みを解決する糸口が掴めるはずなのに…

 

私はこれまでに、延命治療をしない選択をした義父、延命治療を望まなかったけれど結果的には延命治療を続けた友人のお母さんを看取りました。 

協会の初代代表は大好きだった祖父と父親を相次いで看取りました。

 

2人が感じた「もっと聞いておけば良かった」「これは望んでいたことだったのか?」という気持ち。 

父親のベッドを片付けた際に弱々しい文字で書かれたメモ書きを見つけ「もっと聞いておきたかった」と強く想ったあの日。

認知症が進んだ祖母や友人のお母さんのタンスの中の着物をゴミ袋に入れながら「お気に入りはどれだったのかな?どんな時に着ていたのかな」と複雑な気落ちで片付けたあの日。

 

もしもエンディングノートにやりたいことや大切なものが書いてあれば、  

残された私たちも少しは気持の整理がつきやすかったかもしれません。

 

エンディングノートは自分の想いを書くことはもちろん、
もしも!の時に大切な人が困らないように、判断の基準となり、心の支えとなるように

これで良かったのだろうか?と悩ませないためにも書いていただきたいのです。

 

自分がいなくなった後はどうにかしてくれる 

 

という方もいます。しかし、自分らしさにこだわり生きてきたはずなのに、最期は他人任せにしてしまうのでしょうか? 

 

最期まで自分らしく生きる。

最期を迎える前に、大切な人を支えるために。

そのために、エンディングノートの書き方を一人でも多くの人に伝えたい。

エンディングノートを書ける人が一人でも増えて、悩みを解決できる人が増えてほしい。

伝えるための仲間・エンディングノートナビゲーターを育成したい。

 

共感してくださった皆さま、エンディングノートの書き方をサポートするナビゲーターとなって、協会の仲間と一緒に一人でも多くの方にエンディングノートの書き方や大切さを伝えてくださり、終活に悩む人の悩みの解決をサポートしていただくお仕事をしてくださる事を願っております。

 

《認定後サポート制度》

エンディングノートナビゲーター養成講座を終了すると「認定エンディングノートナビゲーター」として日本終活サポート協会に登録されます。

 

・協会主催のエンディングノート入門講座の講師として活躍の場を提供いたします。

・協会主催の終活に関する勉強会や専門分野の交流会などを開催します。

・認定ナビゲーター同士の情報交換や協会への質問などができるSNSのグループで情報を提供します。

・「エンディングノート入門編(60分)」「エンディングノートの書き方講座(90分)」の講座開催に関して、
 講座で使用する資料の提供、個別に相談やサポートを行ます。

・神戸・福山で毎月1回開催している勉強会「ドリスタ神戸・ドリスタ福山」に会員価格で参加することができ

 ます。

※ドリスタ神戸・ドリスタ福山では、HPやブログを活用した集客、ブランディングなどアクセスアップ支援やFacebookの活用などについて、全国で活躍する各分野の専門講師を迎えて月一勉強会を開催しています。  「即実践に活かせる講座」として毎回参加される方の多い勉強会です。

・「エンディングノートナビゲーター」としての肩書きを活かしたお仕事をされる方に、渡すだけで勝手に営業してくれる名刺として話題の「儲かる名刺」を、ナビゲーター特別価格で作成することができます。

 

《認定エンディングノートナビゲーターまでの流れ》

step1  エンディングノートナビゲーター養成講座へのお申込み

yajirusi_gra1_green

step2  受講料のお振込

yajirusi_gra1_green

step3  養成講座受講(2日間)

            1日目…エンディングノートの基礎知識とディスカッション  

            2日目…入門講座・書き方講座のレクチャー,SNS活用に関する講座

 yajirusi_gra1_green

step4  2日間の養成講座全課程(12時間)を受講後指定の課題を提出

エンディングノートナビゲーターとして認定いたします

yajirusi_gra1_green step6  認定後は日本終活サポート協会に登録させていただきます

 

《養成講座受講料・日本終活サポート協会登録料》

受講料   54,000円、認定料  5,400円、

※ご入金は養成講座お申込後3日以内に指定講座にお振込みをお願いします。

※認定期間は認定月より12ヶ月。認定の継続には認定期間終了までに更新研修を受講していただきます。

【残席3名様!】
エンディングノートナビゲーター養成講座@京都1期生

◎開講日:1日目 2015年5月16日(土) 16時30分〜21時30分

     2日目 2015年5月17日(日) 10時〜17時

     ※1日目終了後に懇親会を開催したします。

     ※2日目の参加が難しい場合はご相談ください 

◎会 場:エスペラント会館 http://ha3.seikyou.ne.jp/home/setuko/mapoj.htm
     京都市下京区西洞院五条上る八幡町537−6

◎募集人数:6名  ※最低開催人数 3名 

◎受講費:54,000円(税込み)

◎認定料:5,400円(税込み)

◎募集期間

2015年4月18日(土)~5月10日(日)   ※定員になり次第締め切ります

banner_big_22